Airbnbで料理教室!?

ロンドンで初めての料理教室

育児休業を取得するまで、料理をしたことがほとんどなかったのですが、台所に立つようになって約7ヶ月、だいぶ料理に慣れてきました。(最初は味噌汁の作り方すら知りませんでしたが。。)

料理というのはやってみると案外楽しいもので、作りたいなと思ったものが実際カタチになって、それを誰かが美味しいと言って食べてくれる、それだけでこんなに幸せな気持ちになるとは思ってもみませんでした。

とはいえ、毎日続くとなるとなかなか大変なもので、最近は同じような食材を買い、同じような料理を作る、というサイクルになってしまってました。(以前トライしてみたHelloFreshは価格と調理時間の懸念でストップしました。)

なにか新しい料理に挑戦してみたいなぁと思い、料理教室を検索してみるものの、入会費が必要だったり、チケット制で何回分を事前に買わなければいけなかったりと、なかなか良さそうなのが見つかりません。ふとAirbnbでExperienceも扱っているというのを思い出して、みてみると良さそうなものがありました。

探してみて気になったのはこちらのインド料理教室。

インド料理はこれまで一度も作ったことがなかったので、思いきって予約してみることに。料理教室も日本で一度体験した以来。楽しみです。

当日を迎えるまでワクワク、ドキドキしながら過ごしていると、前日、ホストからメッセージが送られてきました。

「明日は楽しみにしてる!今のところゲストはあなただけよ。なので作ってみたい料理が合ったらなんでもいってちょうだい。もちろん別日に変更してもOKよ!」

・・・!

なるほど、そういうパターンもあるのか。
ちょっと想定外のシチュエーションですが、料理をなかなかマンツーマンで教えてもらう機会はないので、参加する旨とチキンカレーを作りたい旨を伝えました。

いざ料理教室へ!

当日は娘と一緒に行こうと思っていたのですが、妻がちょうどその時間が空いたため、今回はひとりで行ってきました。指定された家にいってみると、とっても素敵な家。あこがれのオープンキッチンです。写真に写っているのがホストのSheenaさんです。

お互い自己紹介をしたあと、早速料理スタートです。事前にオーダーしたチキンカレーの手順をまとめて置いてくれていました。スパイスは普通のスーパーだとなかなか手に入らないため、持ち帰り用に別途用意してくれていました。素晴らしいおもてなし。

進め方は基本はSheenaさんが作って、それを適宜質問していくスタイルです。基本は写真や動画をとりながら、必要あれば紙にメモしていきました。

こちらはチキンカレーの下準備。チキンを一口サイズに切り、ヨーグルトとさきほどのスパイスを混ぜます。

適当なサイズにみじん切りした玉ねぎを色がつくまで、炒めてそこのさきほどのチキンを投入します。

途中、トマトピューレを加えて、かき混ぜたら出来上がりです。めちゃくちゃ簡単です。あまりにも簡単だったためか、あと4品ほどレシピを用意してくれていて一緒に作りました。

スパイス入りインゲンの炒め物。

スチームライス。コーンとグリーンピース、トマト、玉ねぎが入っています。写真では見えませんがお米も入っています。この後20分くらい蒸しました。

こちらはトマトと赤玉ねぎをライムで和えたシンプルな料理。3分でできる料理ですが、めちゃくちゃ美味しかったです。

こちらはヨーグルトとコリアンダーに塩とライムを入れて混ぜただけ。チキンカレーやスチームライスにかけて食べました。

2時間かけて5品作りました。ダイニングに移動して実食です。

写真だと伝わりづらいですが、スパイスが効いてとても味はばっちり。

ホストであるSheenaさんもとてもフレンドリーな方で、料理を通じて色々なヒトと知り合うことが楽しくてAirbnbをやっているそうです。両親の出身はインドですが、Sheenaさん自身はロンドン生まれロンドン育ち。大学卒業後、ひょんなきっかけでインドで映画ファンドの会社を創ることになり、のちにその会社をアメリカの会社に売却し、最近ロンドンに戻ってきたのだとか。今は新たにヘルスケアのスタートアップを立ち上げる傍ら、息抜きとしてAirbnbで料理教室をやっているとのこと。なんとも面白い人生。

料理も教えてもらえて、食事も出来て、自身の英語のレッスにもなり、さらに楽しい会話も出来て£45(約6000円)。満足度がかなり高い料理教室でした。

次回は家族で来ることを約束して帰路につきました。

P.S.後日つくったチキンカレー。自分で言うのもなんですが、相当美味しかったです。