娘、初めてナショナル・ギャラリーにいく。

先週末は、JAPAN MATSURIというイベントがトラファルガー広場(Trafalgar Square)で開催されていたので家族で参加してきました。こじんまりとしたイベントかと思いきや、想像以上にたくさんの人が参加していました。

f:id:naoki_toyota:20170927071426j:image

写真の中央にあるステージで、和太鼓や三味線などのパフォーマンスが行われていました。私たちが行ったときは、ちょうど落語をやっていました。ステージ上から「サンシャイン!」という声が聞こえたので、もしかしてあの芸人さんが来ているのかと思って見てみたら桂三輝(かつらさんしゃいん)さんという方でした。

f:id:naoki_toyota:20170927073300p:plain

初めて知った方なのですが、上方落語協会に属する落語家さんで東京とロンドンに拠点を置いていらっしゃるそうです。かなり盛り上がっていました。

 

会場の両脇には屋台があり、どこも長蛇の列です。

f:id:naoki_toyota:20170927071613j:image

どこの屋台にしようか迷っていたのですが、「イケ麺風やきそば」とのれんに書かれた屋台に妙に興味をそそられ気づいたら並んでいました。

f:id:naoki_toyota:20170927071631j:image

待つこと10分、イケメン風(?)のお兄さんにセットメニュー(焼きそば・たこ焼き・唐揚げ・エビの天ぷら)をお願いしました。

f:id:naoki_toyota:20170927071638j:image

値段は£13(約2000円)です。いろいろ考えるとモヤモヤしてしまうので、考えることを止めて楽しんで食べました。

娘はというと、さんしゃいんさんにもイケメン風の屋台のお兄さんにも目もくれず気持ち良さそうに寝ていました。

f:id:naoki_toyota:20170927074914j:image

屋台ごはんを食べ終えた後30分ほど余裕があったので、トラファルガー広場の目の前にあるナショナル・ギャラリー(The National Gallery)に行きました。

ナショナル・ギャラリーはゴッホのひまわりが展示されていることで有名な美術館です。無料で入ることができます。JAPAN MATSURIの真っ最中ではありましたが、並ばずにかつバキーで入ることができました。娘、初めてのナショナル・ギャラリーです。

 

ゴッホのひまわりを鑑賞する娘。何を感じるのか。

f:id:naoki_toyota:20170927075151j:image

モネの睡蓮の池。よそ見しています。。

f:id:naoki_toyota:20170927075158j:image

こちらの絵を前のめりになって見ていました。

f:id:naoki_toyota:20170927075201j:image

アンリ・マティスさんのThe Forest at Fontainebleauという作品のようです。色合いに興味をもったのでしょうか。

まだまだ見所はたくさんあったのですが、今回は時間が限られていたためここで敢えなく断念です。帰り際にお子さんを連れたイケメンパパがいました。おしゃれ。。

f:id:naoki_toyota:20170927071956j:image

大英博物館やナショナル・ギャラリーをはじめこちらの博物館や美術館は基本無料というのはもともと聞いてはいましたが、子供にとっても好奇心をくすぐられる空間であり、それが無料で開放しているというのがなんともすばらしいと思いました。
今回全体の10%もみれていないので、ぜひまた来たいと思います。