渡英前後の手続きについて(後編)

前回は渡英前の手続きについてご紹介させていただきました。今回は実際にロンドンに到着してからの諸々の手続きについてご紹介したいと思います。落ち着くまでは1ヶ月くらいかかるよと事前には聞いていたのですが、たしかにちょうど1ヶ月かかりました。※渡英前の手続きにつきましてはこちらをご覧くださいませ。

渡英前後の手続きについて(前編)

渡英後の手続きについて

想像していた以上に渡英後の手続きは大変でした。以下時系列にそって紹介させていただきます。

・BRPの取得*8月2日(水)

BRPはBiometric Residence Permitの略称で、滞在許可証明書となります。6ヶ月以上滞在する場合は必ず取得することを義務付けられています。ビザ申請時にパスポートを預けるのですが、返却される際にBRP受け取りについてのレターをもらいます。入国してから10日以内に指定された郵便局に受け取りにいく必要があります。郵便局も指定されます(渡英先の住所の近くを選定される)。私たちは最初Weeklyマンションで仮住まいでしたので、そちらの家から近い郵便局に渡英翌日に受け取りにいきました。手続き自体はレターとパスポートを見せればすぐにもらえました。

 

・家探し*8月3日(木)

住所が決まらないと銀行口座が開設できませんし、銀行口座がないと中長期滞在する上でなにもできません。渡英してから家探しをする場合でも、事前にコンタクトをとって置くことをオススメします。ちなみに私たちもJACStrattonsの日本人スタッフの方と事前にメールでやりとりをして、ある程度の条件を擦り合わせ、内見の日にちも抑えてもらっていました。8月3日(木)に内見し、その日に決めました。そこから不動産会社との手続きを進め、実際に入居したのは8月12日(土)でした。前の住居者が退去するのが、8月4日(引っ越し荷物がある中、内見させてもらいました。)でしたので、クリーニング等に1週間かかったため上記の日程となりました。家探しについての詳細はこちらをご覧くださいませ。

家探し

・在留届の提出*8月12日(土)

海外に3ヶ月以上滞在する日本人は大使館に在留届を提出することを義務付けられています。住所が確定したら提出します。こちらはオンラインで提出できますので10分もかからないと思います。

・銀行口座の開設*8月16日(水)

中期的でロンドンに住む場合は銀行口座を保有は必要不可欠です。携帯やブロードバンドの月額契約、オンラインでの購入など、生活をする上で必ず必要となります。

銀行口座を開設するには、必ず事前にアポを取っていかないと対応してくれません。私たちはLloyds Bankで口座を開設したのですが、アポは家が決まらないと取得できないため、不動産会社を仲介して家主と契約を交わした後、Lloyds Bankに電話をしました。当日はパスポート、マイナンバー(番号のみでOK)、BRP、家の契約書(住所を証明するため)を持っていきました。それから1週間後の8月23日(水)にカードが家に届きました。

 

・携帯の月額契約*8月26日(土)

月額契約については上記の通り、銀行口座が必要となります。私たちは上記の通り、23日(水)に銀行のカードが届いたのでその日にネットで手続きをしました。月額契約(Pay Monthly)用のSIMカードが送られてきて、アクティベートしたタイミングから契約がスタートしました。イギリスの携帯事情については以下にて紹介させていただいてます

ロンドンでの携帯事情について。

・ブロードバンド*8月29日(土)

こちらも携帯同様、契約には銀行口座が必要となります。ブロードバンド自体の仕組みは日本と同じで住む場所によって光ファイバが使える地域とADSLしか使えない地域があります。私の家はADSLしか対応していませんでした。(ロンドンではまだ光ファイバ対応の地域は少ないようです。)使ってみて2週間くらい経過してますがADSLで今のところ通常生活に支障はありません。動画もストレスなく観ることができます。ブロードバンドの会社は沢山ありますので色々と見てみるとよいと思います。我が家では無難にBTを選択しました。銀行口座が出来てから契約しに店舗に行き、その後モデムが29日(土)に届き、そこから契約がスタートしました。

 

・光熱費

水道・ガス・電気に関しては、自由化されていますので自身でサービスを選択することができます。私たちは、前住居人が契約していた会社でそのまま継続して利用することにしました。各会社への連絡は不動産会社がしてくれました。水道代に関しては前払いが基本となります。(請求書が送られてきます。)

 

・GP登録

イギリスでは6ヶ月以上滞在する外国人含めて、医療を無料で受けることができます。自身の家の近くにてGP登録をすることになります。病院にいくと簡単な問診票があるのでそれに記載して提出をすれば後日登録証のレターが送られてきます。

 

以上が、中期的に滞在する上で必要となる手続きとなります。個人的には家探しと銀行口座がポイントで、個人的には現地現物で自身の足で内見したり(イギリスは水まわりでの問題も多いので自分の目で確認した方がよいと思います。)、何かあったら最初は支店にいって確認や相談をしてみるのが一番確実かつ早いなと思います。

 

最初は不慣れなことも多く、時折心が折れそうになりましたが、そういうときは公園に散歩にいってました笑

f:id:naoki_toyota:20170908081537j:image