渡英前のハイライト。娘、初めてのパスポートを取得する。

娘が誕生してから渡英までの2ヶ月間、子育て環境の用意やVISA申請などの渡英手続き、引っ越しなどやることが膨大にあったのですが、全部を紹介すると育児休暇期間が終わってしまうため、ひとつだけハイライトをご紹介します。

 

生後2ヶ月での海外転居はやること満載!?

海外に拠点を移す上で、親はもちろんですが、産まれたばかりの子供もクリアしなければならないミッションが結構ありました。

今回、生後2ヶ月の娘が渡英する上で必要なミッションはざっとこんな感じでした。

・出生届の提出

・健康保険の加入

・戸籍謄本の取得

・パスポートの取得

・VISAの取得
並べてみるとそんなに数は多くないのですが、それぞれの申請にはそれぞれの必要提出物があり、想像以上に大変でした。

 

パスポート用の写真撮影に大苦戦!!

そんな中、最も苦戦したのがパスポート用の写真撮影でした。

他の申請手続きは基本的に代理で書いたり区役所に提出をするので、時間がとれれば問題はないのですが、写真撮影は娘があってはじめてできるもので、ある意味初めての共同作業。

 

街でよくみかける証明写真BOX(?)で撮影するのは、首も座ってない娘には難易度が高く、スマホで撮影してプリントアウトすることにしました。

 

いざやってみると証明写真の条件のひとつにある「正面を向いている」というのがなかなか難しい。。。

 

正面を向く以前に「やめてくれ〜」と言わんばかりのギャン泣き。

f:id:naoki_toyota:20170802205235j:image

 

正面を向くために思わず手で支えますが、証明写真用としては当然アウトです。。

f:id:naoki_toyota:20170802205354j:image

 

ようやく自力で正面を向いたと思ったら。。。

f:id:naoki_toyota:20170802223207j:image

 

結果500枚くらい撮影してとれたのがこちら。

f:id:naoki_toyota:20170802223209j:image

 

ガンをつけているように見えるのが若干気になるところですが、一応条件を満たしています。(娘よく頑張った!)

 

新生児のパスポート写真の撮影ポイントをまとめると以下の通りです。
・座布団に白いバスタオルを敷く
・座布団とバスタオルの間に手を入れ首を支える
・あとは目を開いて正面を向くまでとにかく連写

無事に撮影できた瞬間は思わずガッツポーズが出ました。なんというか、家族がひとつになった瞬間でした笑

 

ということで、初めてのパスポートを無事に取得。

他にも大変な手続きはありましたが、渡英前のハイライトとしてはこれが思い出深いです。(日本に帰ってくるころには顔が変わって、ちゃんと認証できるのかやや不安。。)